パソコンスペースや仕事机が海外ドラマのようにオシャレになったら、モチベーションもアップしますよね。気持ち良く仕事をするためにも、デスク周りを自分好みにコーディネートしてみませんか?IKEAのシンプルかつ洗練された家具を活用すれば、オシャレなホームオフィスが実現します。通販を上手に利用してデスクインテリアを揃え、新しいスタートを切りましょう!
 
■IKEAのデスクインテリア
IKEAには、快適なホームオフィスを実現するためのデスクインテリアが豊富に揃っています。それらは通販でまとめて購入するのがおすすめ。まずはどんなアイテムがあるのかチェックしておきましょう。
 
デスク、テーブル
幅広い作業に使えるデスクやパソコン用デスク、シンプルなテーブルなど。引き出しや収納が付いているデスクも多く、オフィスワークに適しています。たとえばMICKEデスク,ホワイト,バーチ調は一部が収納になっているタイプ。奥行や長さ、高さなど、使い勝手の良いものを選びましょう。またデスクやテーブルの上に追加で設置する専用の収納ユニットもあります。
 
チェア
オフィスチェアの定番の回転チェアから、4本の脚のしっかりした会議チェアまで。背もたれがフカフカのタイプや丸みを帯びたデザイン性の高いチェアなど様々です。たとえばTOBERGET回転チェア,ヴィースレグレーはメッシュ地のモダンな回転チェア。作業しやすいデザインで、パソコン業務の方には良いでしょう。その他、木製の椅子などオフィス用でなくても自分好みのチェアを取り入れるのもおすすめです。
 
引き出しユニット、収納キャビネット
書類やファイル、筆記用具などを仕舞っておける収納用品です。サイズやタイプも様々で、デスクの下に設置するものやデスクの隣に設置する大きなもの、キャスターが付いているものなどがあります。うまく活用してデスク周りを整頓しましょう。HELMER引き出しユニットキャスター付き,ホワイトは、6つの引き出しが付いているシンプルで使い勝手の良いタイプ。高さ69cmでデスクの下にぴったり収まります。
 
小物類
手元を照らすワークランプや、書類をまとめるレタートレイ、マガジンファイル、ケーブル類をまとめるケーブルマネジメント、ペンスタンドやゴミ箱など。シンプルなデザインのものが多いので、机の上がスッキリします。ひとつのシリーズでまとめるのも良いでしょう。
 
■海外オフィスのようなパソコンスペースを実現できる
IKEAのアイテムを組み合わせて、オシャレなパソコンスペースをコーディネートしましょう。アイデア次第で海外オフィスのような、余裕のあるオシャレなホームオフィスを作ることができます。そのポイントをご紹介しましょう。
 
・フラットなワーキングスペース
大き目のデスクやテーブルを選び、広くワーキングスペースを取ると一気に海外風に。同じ高さのデスクをL字型に並べてもオシャレです。またデスクやテーブルは壁に向けて設置しても良いですが、部屋の真ん中に置くのもCEOっぽくておすすめ。L字型であれば一辺がパソコン作業用、もう一辺が対面による打ち合わせ用、と分けることもできます。
 
引き出しユニットや収納をうまく活用し、見栄えの悪い書類などは閉まって机の上をなるべくスッキリさせましょう。置くのはライトやミニ観葉植物、オシャレな小物など。プリンターも置いておくと便利です。壁にはウォールシェルフを活用して小物を飾ったり、ポストカードを貼ったりしても良いでしょう。
 
・あえてオシャレなチェアでクリエイティブに
同じパソコンスペースでも、チェアを変えるだけでグッとセンスがアップします。あえてオフィスチェアでなく、デザイン性に優れた個性的なチェアを取り入れてみましょう。ホワイトを基調としたデスク周りに、赤やイエロー、グリーンなどビビッドなチェアを指し色として入れるのがおすすめ。機能性に優れた回転チェアにも楕円型や丸型などオシャレな形でカラフルなタイプがあります。
 
・ラップトップテーブルを活用する
省スペースで機能性を求める方は、ノートパソコン用の作業テーブルであるラップトップテーブルを取り入れるのもおすすめです。強化ガラスとスチールでできているテーブルは、クールで軽やかな印象を与えます。小さな収納棚も付いており、簡単な作業に向いています。
 
■どんな部屋にも合わせられるバラエティー豊かなIKEAのデスクインテリア
IKEAのデスクインテリアはサイズやデザインはもちろん、カラーバリエーションも豊富です。お部屋に合ったアイテムを探すことができます。
 
またテーブルトップ(天板)と引き出しユニットを活用すれば、好みのデスクを自分で作ることも可能。引き出しユニットを脚代わりにして、好みの長さのテーブルトップを設置しましょう。最初からこのデザインだったかのように違和感ないオリジナルのデスクが完成します。テーブルは片側の脚だけ付けて、もう片側は引き出しユニットにするのも良いですね。アイデア次第でどんな広さや雰囲気のお部屋にも合わせられるため、寝室やリビングの一角にホームオフィスを作ることもできます。
 
 
IKEAのアイテムを活用すれば、仕事をするのが楽しくなるホームオフィスを自分でレイアウトすることができます。大きいアイテムが多くて自分で買いに行くのは大変という方は、ぜひ購入代行の通販を利用しましょう。あなたの理想のワーキングスペース作りをお手伝い致します。
 

Copyright © DesignLife All Rights Reserved.