IKEAは、巨大な倉庫のような家具店です。一般的な家具店も広めのスペースがとられていますが、IKEAの広大さはすべての品を一日では見切れないかもしれないというほど。そんなIKEAは、お買い物の仕方も変わったスタイルです。初めてIKEAに行った人は、どのようにお買い物すればよいのかと戸惑ってしまうこともあるでしょう。ここでは、IKEAでのお買い物の仕方について、通販の活用も含めて紹介します。
 
 
■モデルルームのようなディスプレイでイメージしやすい
IKEAの店舗は、モデルルームがいくつも並んでいるような構成になっています。インテリアをまるごと真似したくなるようなディスプレイを見て、その素敵さに一瞬でノックアウトされてしまうという人も少なくないでしょう。そんなIKEAの魅力に圧倒されて必要なものを買えなかったなんてことにならないように、IKEAに行く前の準備はしっかりしておきましょう。
 
快適なお部屋づくりをするためには、まず家具を置く場所の採寸をしておくことが大切です。せっかくIKEAでお気に入りのアイテムを購入したのに、いざ設置しようとしたらサイズがおさまらなかったということもあり得ます。商品のサイズはIKEAの公式サイトでも確認できますから、念には念を入れて確認しておきましょう。玄関や廊下、マンションの共用スペースといった搬入経路を通れるかも、チェックしておく必要があります。お店に行く前に、自宅の家具を置く場所や部屋全体をスマートフォンなどで撮影しておくのも、実際に商品を目の前にしたときのイメージに役立つでしょう。

部屋のサイズや構成を図にしたメモを持っていくのも、IKEAの店舗で役立ちます。引っ越す前にお部屋用の家具を購入する場合は、不動産屋から図面をもらっておくと便利です。コンセントや電気スイッチの位置なども書いておくと、より具体的なプランを立てやすくなります。ただし、図面上でイメージをしていると起こりやすいのが、フリースペースの見落としです。実際のお部屋でチェックできる場合は、マスキングテープで欲しい家具のサイズに印をつけてみるとフリースペースのイメージを付けやすくなります。どのくらいのフリースペースが残るかは、部屋の中を移動することを想定してしっかり検討すべきでしょう。
 
■欲しいものの番号を控えて倉庫へGO!
IKEAの店舗は、4つのエリアに分かれています。1階には、キッチン用品や照明器具、デコレーションなどの小物や雑貨が販売されているマーケットホールがあります。その奥に位置しているのが、2階のショールームエリアでチェックした商品をセルフでピックアップする、セルフサービスエリアです。さらに進むと、会計エリアがあります。広大なショールームがあるのは、2階部分です。様々なスタイルにあつらえられたルームセットが並び、ソファや収納家具、ダイニングセット、ベッドなどの大型家具を選べるエリアです。
 
小物類は、IKEAに入ると置かれているカートやお買い物するアイテムをピックアップするイエローバッグに入れていけばOKです。入口や店内各所にはショッピングリストやエンピツ、メジャーなども用意されていますから、これらも借りましょう。ショッピングリストには気になる商品情報をメモして、あとからセルフサービスエリアで商品をピックアップするときに確認します。メジャーは、商品のサイズを測るのに便利です。
 
ショールームエリアには、約50ものルームセットがコーディネートされています。気になる家具をお部屋に配置するとどのような感じになるのか、具体的なイメージができる空間になっており、よりインテリアへの夢が広がってさまざまなアイディアを吸収できます。実際にソファや椅子に座ってみたり、テーブルの高さを確認したり、戸棚や引き出しを開けてみるのも自由ですから、イメージの世界に思い切りひたってください。
 
■何もかもセルフ!でもそんな時間がないという方は…
IKEAストアには、おうちに置くものなら何でも揃うといってもいいほど豊富なインテリアアイテムが並んでいます。キッチン用品などの雑貨類も、大人気です。あれもこれもと欲しくなり、一度にたくさんのお買い物をする人の多くが車で来店します。公共交通機関を利用しやすい場所にあるIKEAストアもありますが、車を使ったアクセスが最も便利だというIKEAストアも少なくありません。また、IKEAストア自体の数が全国的に限られているため、行きたくても行けないという方も多いでしょう。
 
IKEAストアに車でアクセスして、大型商品をセルフでピックアップして帰るという方もいます。一方で、大型商品を車に積むことすらできるかどうか不安という方が多いのも事実です。何もかもがセルフサービスだからこそ、IKEAの商品は低価格なのです。ストアのスタッフにお手伝いしてもらうサービスもありますが、それらは有料なものが多く、抵抗があるという場合もあるでしょう。IKEAストアがすぐに行ける場所になかったり、セルフでお買い物する時間や手間がかけられなかったりする場合は、通販を利用するのも一つの方法です。IKEA公式の通販サイトではかなわないお得なショッピングができるIKEA通販の存在も見逃せないでしょう。
 

Copyright © DesignLife All Rights Reserved.